火災保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 奈良 (橿原市・田原本町・香芝市・天理市・桜井市、その他周辺地域)

HOME > 目的別保険相談 > 息子が結婚し、2世帯で住むことになりました。火災保険の「家財」について見直す必要がありますか。

火災保険の加入中

息子が結婚し、2世帯で住むことになりました。火災保険の「家財」について見直す必要がありますか。

2019年06月19日

【ご相談事例】

息子が結婚し、2世帯で住むことになりました。
この時、火災保険の「家財」について見直す必要がありますか。

【ご回答】

今回、息子さんのご結婚で2世帯で住むとのことですが、家族が増えることで、家財の必要補償額も増えるのが一般的です。

現在加入している火災保険の保険会社や保険代理店に相談すれば、家族構成に応じて目安となる必要補償額を提示してくれますので、それを参考にして補償額を見直すといいでしょう。

また、火災保険の「家財」では、貴金属や宝玉、宝石、書画、骨董、彫刻物などその他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるものなどは「明記物件」となり、保険証券に明記されなければ補償されません。

明記物件に含まれる家財をお持ちのようでしたら、この機会に所定の手続きをしておきましょう。

なお、火災保険の「建物」の場合、建物の評価額(再調達価格)を超えて保険金額を設定することや、著しく低い保険金額を設定することができません。

しかし、「家財」の場合には保険金額の範囲を特に制限していない保険会社が多いため、保険会社が目安としている必要補償額を超えて保険金額を設定することや、必要補償額を下回る保険金額を設定することも可能です。

「家財」の保険金額を見直す場合には、必要補償額と保険料を参考にして決めるといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 吉井 宏和

運営会社情報

有限会社 吉井・美和保険
有限会社 吉井・美和保険

営業時間/
月~金曜日 9:00~18:00

〒636-0302
奈良県磯城郡田原本町宮古24

TEL/ 0744-33-5085
FAX/ 0744-33-5084

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

奈良県経営者協会
青年経営者部会
2008年度、2010年度 委員長
(吉井宏和)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。