火災保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 奈良 (橿原市・田原本町・香芝市・天理市・桜井市、その他周辺地域)

HOME > 目的別保険相談 > 民泊施設の火災保険に加入しています。民泊施設から賃貸物件へ変更すると火災保険の変更手続きは必要?

火災保険の加入中

民泊施設の火災保険に加入しています。民泊施設から賃貸物件へ変更すると火災保険の変更手続きは必要?

2020年12月18日

【ご相談事例】

現在、民泊施設の火災保険に加入しています。
コロナの影響で、インバウンド客が減少しているため、民泊施設から賃貸物件への変更を考えています。
火災保険の変更手続きは必要でしょうか?

【ご回答】

建物の用途が変わるため、火災保険の変更手続きが必要です。

火災保険は、保険金額(補償額)や補償内容のほか、建物が所在する都道府県、用途、建物構造等によって保険料(掛け金)が異なります。

今回は、民泊施設から賃貸物件に用途変更となるため、変更手続きが必要です。

また、昨今の自然災害や2019年10月の消費税増税の影響を受け、火災保険料が値上げ傾向にあります。

2021年1月にも、火災保険料率の改定が行われる予定です。

長期にわたって物件を所有されるなら、単年契約よりも長期契約をすることによって、トータルの掛け金を抑えられます。

用途変更も併せて、保険会社や担当代理店にご相談ください。

保険料率・・・保険金額(補償額)に対する保険料(掛け金)の割合のこと

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。