火災保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 奈良 (橿原市・田原本町・香芝市・天理市・桜井市、その他周辺地域)

HOME > 目的別保険相談 > 友人が、マイホームにかけていた火災保険を契約中に乗り換えることは可能でしょうか?

火災保険の加入中

友人が、マイホームにかけていた火災保険を契約中に乗り換えることは可能でしょうか?

2020年07月08日

【ご相談事例】

友人が、マイホームにかけていた火災保険を契約中に乗り換えたと聞きました。
そのようなことが可能なのでしょうか。

【ご回答】

現在契約している火災保険を解約し、新たな火災保険に加入する「火災保険の乗り換え」は可能です。

火災保険は補償の内容が保険会社や加入しているプランによって異なるため、必要な補償が十分でなかったり、新たな特約が登場するなど魅力的なプランが提供されていたりした場合には、火災保険の乗り換えを検討するといいかもしれません。

その際に注意したいのは次のような点です。

1.保険料が割高になる可能性がある

長期契約などで火災保険に加入している場合には、割安な保険料になっていることがあります。
また、最近は自然災害の増加などで火災保険の保険料が値上がりしているため、加入するプランによっては保険料が高くなる可能性があります。

2.火災保険は重複してはいらない

火災保険に重複して加入しても、受け取れる保険金が2倍になるわけではありません。
火災保険の契約が重複しないよう、火災保険の解約手続きを進めておきましょう。

3.火災保険に質権が設定されている場合には金融機関の同意が必要

住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合には、火災保険に質権が設定されていることがあります。
その際には、金融機関の同意がないと火災保険の乗り換えができないので注意しましょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。