生命保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 奈良 (橿原市・田原本町・香芝市・天理市・桜井市、その他周辺地域)

HOME > 目的別保険相談 > 離婚後に支払った生命保険の保険料は、生命保険料控除の対象になりますか?

生命保険の保険金請求

離婚後に支払った生命保険の保険料は、生命保険料控除の対象になりますか?

2015年08月24日

【ご相談事例】

1年前に妻と離婚し、離婚後も妻を受取人にしたまま生命保険料を払ってきました。
この場合、生命保険料控除の対象となりますか。

【ご回答】

生命保険料控除の対象となるのは一定の生命保険契約のうち、保険金の受取人が保険料を支払った本人、または、その配偶者やその他の親族になっている生命保険で、契約者が誰であるかは関係ありません。

こうした条件が満たされている生命保険であれば、夫の生命保険料控除の対象になります。

ご質問いただいたケースでは、保険金の受取人が離婚した妻となっていることから、上記の生命保険料控除の対象となる要件を満たしていません。
よって、離婚後に支払った保険料については、生命保険料控除の対象にはなりません。

離婚した妻に保険金を残したいとお考えであれば、現在の契約内容を継続してかまわないかもしれません。

しかし、そのようにお考えでないようでしたら、早めに保険金の受取人の変更をするといいでしょう。

ちなみに、年度の途中で保険金の受取人をご本人かその他の親族に変更した場合、変更後に支払った保険料はご本人の生命保険料控除の対象となります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 吉井 宏和

運営会社情報

有限会社 吉井・美和保険
有限会社 吉井・美和保険

営業時間/
月~金曜日 9:00~18:00

〒636-0302
奈良県磯城郡田原本町宮古24

TEL/ 0744-33-5085
FAX/ 0744-33-5084

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

奈良県経営者協会
青年経営者部会
2008年度、2010年度 委員長
(吉井宏和)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。