地震保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 奈良 (橿原市・田原本町・香芝市・天理市・桜井市、その他周辺地域)

HOME > 目的別保険相談 > 地震保険に入るのを止めて、地震火災費用保険金に入ることにしたのですが不十分でしょうか?

地震保険の加入中

地震保険に入るのを止めて、地震火災費用保険金に入ることにしたのですが不十分でしょうか?

2020年03月17日

【ご相談事例】

地震保険に入るのを止めて、地震火災費用保険金に入ることにしました。
保険屋さんからは地震保険への加入を勧められましたが、地震火災費用保険金では不十分でしょうか。

【ご回答】

地震火災費用保険金は、地震や噴火、これらを原因とする津波を原因として発生した火災によって「建物が半焼以上した場合」や「保険の対象である家財が全焼した場合」に保険金が支払われるものです。

また、支払われる保険金は
「火災保険金額の5%」
「1事故につき1構内ごと300万円限度」
などの条件があるため、生活を再建させるために必要な資金を確保できない可能性が高くなります。

そのため、地震のリスクに備えたいという方は地震保険に入る方よく、地震火災費用保険金だけでは不十分と言えるのではないでしょうか。

なお、地震保険の保険金の支払いは実際の損害額ではなく、保険の対象である建物または家財が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」となったとき、その損害の割合に応じて保険金が支払われます。

地震保険の保険金支払い基準

全損…保険金の100%支払い(ただし時価が限度)

大半損…保険金の60%支払い(ただし時価が限度)

小半損…保険金の30%支払い(ただし時価が限度)

一部損…保険金の5%支払い(ただし時価が限度)

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。