生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 奈良 (橿原市・田原本町・香芝市・天理市・桜井市、その他周辺地域)

HOME > 目的別保険相談 > 住宅ローンを申込み時に団体信用生命保険の加入を勧められました。生命保険には複数加入していますが必要?

生命保険の新規加入

住宅ローンを申込み時に団体信用生命保険の加入を勧められました。生命保険には複数加入していますが必要?

2018年06月14日

【ご相談事例】

住宅ローンを申し込んだところ、団体信用生命保険の加入を勧められました。
生命保険にはすでに複数入っているのですが、団体信用生命保険は必要でしょうか。

【ご回答】

団体信用生命保険に加入していると、被保険者が死亡・高度障害の状態になった場合に、残りの住宅ローンが保険から支払われます。

最近では保障が充実したプランもあり、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」などの三大疾病と診断された場合も該当するケースがあります。

万が一の場合に遺されたご家族が住宅ローンの返済義務から解放されるため、保険料の支払いが困難でない限り団体信用生命保険に加入しておくことをお勧めします。

ご質問によると、すでに生命保険に複数加入しているとのことですが、団体信用生命保険加入後も保険料の支払いが負担でなければ、そのまま継続していいかもしれません。

しかし、保険料の負担を軽減させたいとお考えの場合には、加入している生命保険を見直して、団体信用生命保険の加入によって手厚くなった死亡保障を減らすという方法もあります。

この時には、すでに加入している生命保険を解約する方法もありますが、「払い済み保険」に変更するという方法もあります。

「払い済み保険」を簡単に説明すると、すでに支払った保険料や解約返戻金をもとに保険料を一括して支払い、以後の保険料の支払いをせずに保障を継続させる方法です。

死亡保障は少なくなりますが、保険料の負担は軽減するので、検討するといいと思われます。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 吉井 宏和

運営会社情報

有限会社 吉井・美和保険
有限会社 吉井・美和保険

営業時間/
月~金曜日 9:00~18:00

〒636-0302
奈良県磯城郡田原本町宮古24

TEL/ 0744-33-5085
FAX/ 0744-33-5084

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

奈良県経営者協会
青年経営者部会
2008年度、2010年度 委員長
(吉井宏和)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。