がん保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 奈良 (橿原市・田原本町・香芝市・天理市・桜井市、その他周辺地域)

HOME > 目的別保険相談 > がん保険の先進医療特約の給付金は、どのくらい必要でしょうか?

がん保険の新規加入

がん保険の先進医療特約の給付金は、どのくらい必要でしょうか?

2016年08月19日

【ご相談事例】

がん保険の先進医療特約の給付金は、どのくらいあれば大丈夫でしょうか。

【ご回答】

先進医療特約の給付金は技術料と同額が支払われ、期間中に複数回の治療を受けた場合でも、給付金の額が通算で支払われるのが一般的です。

先進医療の技術料は種類によって異なり、がん治療として知られる陽子線治療の技術料は約260万円、重粒子線治療の技術料は約300万円と言われています。

これらを複数回受けたと想定すれば、給付金が通算で1,000万円から2,000万円あれば、とりあえず安心して先進医療を選択できます。

ただし、先進医療は厚生労働省が認定した医療機関でしか受けることができないため、遠方の医療機関へ通院する場合の交通費や宿泊費などが必要になるケースがあります。

こうした先進医療を受けるために必要な費用は、「先進医療給付金」では給付されないのが一般的ですが、保険会社によっては先進医療をより充実した環境で受けることができるよう、「先進医療給付金」とは別に一定額が給付される特約もあります。

先進医療特約を検討する場合には、保障の範囲も確認しておきましょう。

●陽子線治療の技術料…約260万円
放射線の一種である粒子線(陽子線)を病巣に照射する治療法です

●重粒子線治療の技術料…約300万円
重粒子線(炭素イオン線)を体外から病巣に照射する治療法です

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 吉井 宏和

運営会社情報

有限会社 吉井・美和保険
有限会社 吉井・美和保険

営業時間/
月~金曜日 9:00~18:00

〒636-0302
奈良県磯城郡田原本町宮古24

TEL/ 0744-33-5085
FAX/ 0744-33-5084

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

奈良県経営者協会
青年経営者部会
2008年度、2010年度 委員長
(吉井宏和)

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。